たくさん笑って感受性を育てよう♪ 1歳児向け絵本ランキング best3

1歳のお子さん。お話もだんだん上手になり、
毎日可愛らしい仕草で大人の微笑みを誘います。
 

そんな年ごろに、言葉の響きや色彩の美しさ、
絵の楽しさにたくさん触れることで、
豊かな感受性を育てられるのではないでしょうか。
 

言葉の意味が分からなくても、
絵でストーリーが終える絵本。

 

たくさんの絵本に触れ、
お子さんの世界を豊かにしてあげませんか。

次に紹介するのは、読み聞かせで人気の絵本です。
 
 

1. もこ もこもこ (谷川俊太郎・作 元永定正・絵 文研出版)

 
 

 
 

はっきり言って、大人にはよくわからないかもしれません。
 
でも、「もこ もこもこ」をはじめとするかんたんな擬音、
抽象的なイラストに、子どもたちは自分の世界を持って
入り込み、楽しむことができる素晴らしい絵本です。
 

ページをめくるたびに子どもたちの笑顔が浮かぶでしょう。
 
 

2. がたんごとん がたんごとん  (安西水丸・作 福音館)

 
 

 
 
シンプルな絵で短いお話が展開していきます。
かわいい蒸気機関車が引く列車のお客は、
1歳の子どもたちにおなじみのものばかり。
 
「がたんごとん がたんごとん」
「のせてくださーい」
の繰り返しに、
すぐに入り込んでいきます。

一緒になって口ずさむお子さんもたくさんいるでしょうね。
何度も繰り返してページをめくることができる、楽しい一冊です。
 
 

3.きんぎょがにげた  (五味太郎・作  福音館)

 
 

 
 

可愛らしいシンプルなイラストと、色彩の絵本です。
逃げた金魚はいろいろな場所に隠れています。
 
ページごとにお子さんと一緒に探すのが楽しい絵本です。
これも、「どこににげた?」という繰り返しがあるうえ、

絵探しもある、子どもと一緒に遊べる一冊です。
最後は、読む大人も見る子供もほっと一安心。
 

「赤ちゃんだから」と思いがちですが、
意外にいろいろなことがわかる1歳。

 
お気に入りの絵本を一緒に楽しむ、
素敵な時間を一緒に過ごしてあげてくださいね。
 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
苦手意識を作らせない 絵本を上手に使って1歳児から英語に親しもう♪

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ