大人にも効果的って知ってた?英語学習に絵本を使うことのメリット

プライベートの場で、仕事の場で、
 
様々な理由で英語の勉強をやる大人はとても多いと思います。

 
ではまずお聞きましす。
 

なぜあなたは英語を勉強したいと思うのですか?
 

中には英会話教室に通われたり、様々な教材を買われたけれども
 
全く上達しなかったという方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
英語 勉強 絵本 大人
 
 
実際、意外とこういう方、多いんです。
 

信じられないという方もいらっしゃるかもしれませんが、
 
北米に4年間仕事でご家族と一緒に駐在されていた
 
経験があるにも関わらず、

 

ほとんど渡航前後で英語力の変化が見られないという
 
方も少なからずいらっしゃいます。

 
こんな方がいらっしゃる反面、日本で英語を学んだだけなのに、
 
全く生活に不自由が無い程度の語学力を習得できる人もいます。

 
なぜでしょう。

 

頭がいいから?
 

いいえ、そうではありません。
 

教わった先生が優れていたから?

 
いいえ、そうではありません。
 

上達の鍵をにぎるのは、どれだけあなたの「興味」を
 
引くことができるかどうかということです。
 
好きこそものの上手なれなということわざがあるように、
 
好きであれば、興味を持つことができれば、
 
楽しく取り組むことができるのです。

 
もっと、もっとという好奇心により、
 
苦労することなく習得することができるのです。

 
その興味や好奇心は、資格などの目標でも構わないと思います。
 
「知りたい」という興味が少しでもあれば
 
上達するための1歩を歩み始めているとお思っても間違いありません。

 

では逆に何をやっても上達しないという人は、
 
自発的に何かをやっているにも関わらず上達しないのはなぜでしょう。
 
それは興味の矛先が「英語」という漠然とした曖昧なもので、
 
どこに向かったら良いのかというビジョンが無いからです。
 

 
これは決して興味があるという状態ではありません。
 

英語はただ勉強をしたからといって上達するものではないのです。
 

では英語とは一体何なのでしょうか。
 

英語というのは単なるコミュニケーションツールでしかなく、
 
 
単なる言語なのです。
 
 

英語 勉強 絵本 大人
 
 

そう、私達の母語である日本語と全く同じ立ち位置なのです。

 

私達が日本語を習得するとき、恐らく言葉すらわからない赤ちゃんのころ、
 
周りの大人達が使っている言葉を聞くところから始まっています。
 

お母さんやお父さんの語りかけに対して、
 
その語りかけられる言葉の音に興味を示し、その音を真似します。

 

次第にその音には意味があるということを理解し、
 
少しずつ複雑な言葉も理解できるようになります。

 
全ては興味から始まっているのです。

 
 

ではどうすればいいのか。何に興味を持って取り組めばいいのか。

 
 
そう考える方もいると思います。

 

答えはいたってシンプルで、あなたの好きな物を教材にすればいいのです。
 

 
英語 勉強 絵本 大人
 
 

音楽が好きな人であれば、音楽から。

 
映画やドラマが好きな方であれば、映画やドラマから。
 

ファッションが好きな方であれば、ファッション誌から。
 

お料理が好きな方であれば、お料理から。
 

自分の興味が持てるものであれば、何でも教材になるのです。

 

そしてその教材は他のどんな優れていると言われる教材よりも、
 
自分にぴったりな教材になるのです。

 

本を読むこと、特に絵本が好きな人にとって、
 
英語の絵本はこれ以上に無い教材になります。
 

絵本はもともと子供向けに書かれているものですから、
 
使われている単語も、表現方法も非常にシンプルかつ、
 

絵と内容が非常に密接していますから、
 
たとえわからない単語があっても「想像」することができます。

 

このわからないことを想像して、推測するということがとても大切です。
 

これまで私たちの多くが行ってきた学習法は、
 
使い方などお構いなしに、とにかく語彙数を増やすために単語を覚え、
 
覚えた単語を当てはめて、まるでパズルを解くように英文と対向してきました。

 

実はこれはベクトルが逆なのです。
 
同じような意味の単語が沢山あるなかで、
 

どういうシチュエーションでどの言葉を選択すればよいかというのは、
 
実はシチュエーション、シチュエーションで使われた
 
センテンスをそのまま覚えてしまうことが1番の近道なのです。

 

絵本はそういう意味からしても、とても優れていています。
 

シーンに対応したセンテンスで構成されているので、
 
ビジュアル的に頭に入っていきます。

 

楽しみながら取り組めること、これが英語を上達する
 
ために1番必要なことだということを覚えていただきたいと思います。
 

英語は勉強ではありません。学習です。
 
English is “LEARN”, not “STUDY.”

 

次回は具体的な学習方法についてお話したいと思います。
 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
大人にも♪絵本を使って英語の勉強をより効果的に!

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ