知っておきたい、絵本の朗読動画って著作権大丈夫なの?

最近では YouTubeをはじめとする動画サイトで
 
個人の方が絵本の読み聞かせ動画を
 
アップロードされているのを作成して見かけますね。
 
 

絵本 朗読 動画 著作権
引用元:https://www.youtube.com/
 
 
私もよく絵本を探すときに内容の確認のために見ることがあります。
 

ただ気になるのが著作物である絵本を
 
勝手に朗読した動画をアップロードして
 
著作権法に抵触しないのかどうかということです。
 
 

今回はこの絵本の朗読動画のインターネットへの
 
アップロードと著作権についてのお話をしたいと思います。

 
 

絵本と著作権について

 
 

絵本をはじめとした文学作品の著作権は、
 
著者死後50年と定められています。
 

これは国内作、海外作品問わず
 
ほぼ同じ規定となっていますが、

 

翻訳物に関しては、翻訳者の2次著作物となるため、
 
翻訳者の死後50年という別な著作権が
 
発生していることに注意が必要です。
 

 

読み聞かせ動画としてアップロードするのは違法か

 
 

これは大きく分けて2つの見方があります。
 

ひとつは単なる個人の趣味としてアップロードする場合です。
 
「多くの人にこの本を紹介したい」

 
という気持ちで動画を作成されているかたも多いと思います。
 
この場合は問題ありません。

 

著作権法第38条では、
 

『営利を目的とせず、かつ観客から料金を受けず、

 
かつ実演、口述する人に報酬が支払われない場合に限り
 

無許諾で利用することができる。』

とされていています。

 
例えば絵本のおはなし会で朗読をする場合は
 
無償なければならないということです。
 

 
また主催者が側からの謝礼金の受け取りも違法です。

 

だたし非常に難しいのが、依頼を受けて朗読の動画を作成して、
 
それに対する報酬を受ける場合です。

 
 
絵本 朗読 動画 著作権

 
 

動画の著作は依頼主に移行しますが、
 
既存の文学作品の口述作品という2次著作物を
 
作ること自体は問題ないのですが、
 

それに対し報酬を受けるということは、
 
そこで金銭授受が行われているため非常に
 
グレーゾーンなのです。

 

依頼を受けて作成される方は注意が必要です。

 
 
もうひとつは、アップロードされている動画を
 
自分のブログなどで利用する場合です。

 
YouTubeの場合について説明しますが、

 
YouTubeには”動画共有”という機能が用意されています。

 
アップロードされている動画をそのまま
 

リンク貼り付けするというイメージです。
 

YouTube側はこれを容認しており、

 
これに関しては問題ありません。

 

しかしYouTubeに公開されている動画をダウンロードし、
 

さらにそれをアップロードすることは、

 

個人の作品であるにせよ、
 

著作権法に抵触する行為なので注意が必要です。

 
 

著作権侵害に対する罰則規定

 

 
絵本 朗読 動画 著作権
引用元:http://boingboing.net/2015/09/02/why-copyright-should-not-be-in.html
 
 

口述(朗読、読み聞かせ動画など)による2次著作物を作成し、
 
それを公開する行為についてはあくまでも
 
「非営利目的」にのみ無許諾が認められています。

 

これに違反すると、3年以下の懲役または、
 
300万円以下の罰金が課せられます。
 

法人であると1億円以下の罰金と非常に思い罪が
 
課せられることになります。

 

これらの動画をインターネットアップロードする際には、

 
自分がやっていることが法律に
 
抵触していないか再度確認されることをお勧めします。

 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
絵本 朗読 動画 著作権

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ