子供の年齢にぴったりなものを選ぼう♪読み聞かせ絵本の選び方

はじめに

 
子どもに絵本を読んであげよう。
 
でも、どの絵本を読んであげていいかわからない。

 
 
本屋に行っても種類もたくさんあるし、
正直迷ってしまいますよね。
 

ここではお子さんの年齢にあわせた
絵本の選び方を紹介していきます。
 
 

shutterstock_65441998-480x321
 
 

読み聞かせに最適な絵本≪0歳~1歳≫

 
 
産まれたてでは流石に難しいですが、
3ヶ月ごろからお子さんに読んであげれる絵本があります
 
 

この時期は物語のあるものは理解できませんが、

身近な音などをイラストや写真とともに
読み聞かせをしてあげることで

親子のコミュニケーションをとることができます。
 
 

読み聞かせに最適な絵本≪1歳~2歳≫

 
 
簡単な物語であれば
理解することができるようになってくる時期です

 

お母さんやお父さんの声をしっかり聞こうとするため、
たくさん読んであげましょう。
 
 
絵本の読み聞かせ
 
 

読み聞かせに最適な絵本≪3歳~4歳≫

 
 
成長してきて好奇心が旺盛になってくる時期です
 
大人の言うことも分かるように
なってくる時期のため

TVなどを見せたままにしがちな
親御さんもいらっしゃいますが、

本当はお母さん、お父さんに
絵本を読んでもらいたい本心を
我慢しているのかもしれません

 
ですから、子どもの発達のために手を止めて
絵本を読んであげてください。
 
 

読み聞かせに最適な絵本≪5歳~6歳≫

 
 
小学校入学をひかえたりする時期で

ひらがなの読み書きはできるため
本を与えたままでいがちな時期です。
 

1人で読めるよね?もう親が読まなくても…とは考えず
やはりこの時期も読み聞かせをしてあげましょう。
 
 

読み聞かせ
 
 

おわりに
 
絵本選びに困ったら、

お母さんやお父さんが子どもの頃に読んでもらった本
思い出してみてください。
 

絵本のなかには長年人々に愛され続けてきた本もあります。

そういった本を親子何代に渡って
受け継いでいくのって素敵じゃないですか?

 

また、公立の図書館に足を運んで
お子さん自身に絵本を選ばせてあげるのも

いいかもしれません。
 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
いいことばかり!凄すぎる”絵本の読み聞かせ効果”

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ