知ってるととっても便利!絵本のカバーフィルムの上手な貼り方♪

 

前回は絵本のカバーのリメイクについてお伝えしましたが、
 

今回はやっぱりどうしても
絵本のカバーは付けておきたいという人に、

絵本のカバーフィルムの貼り方についてお伝えしたいと思います。

 

 

図書館などにおいてある絵本は
ビニールフィルムでカバーされてますよね。

 

 

絵本 カバーフィルム 貼り方

 

 

ビニールフィルムでカバーしてしまえば、
多少の汚れはすぐに落ちるし、絵本のカバーが外れることもありません。

 

大型文具店などでは
「ブックコートフィルム」や「カバーフィルム」
という商品名で売られています。

 

商品によっては対象書籍サイズの幅で売られていますが、
絵本の場合はサイズがまちまちなので、

あらかじめサイズを測ってから購入されることを
おすすめします。

 

 

フィルムを綺麗に貼るためには
いくつかの抑えておくべきポイントがあるので、以下にまとめます。

 

 

フィルムの大きさは余裕を持って!

 

フィルムを綺麗に貼るためには、
貼りたい本よりも大きな幅のフィルムが必要です。

 

少なくとも上下左右をそれぞれ2cmずつ
折り返せるような
大きさで選びましょう

 

 

絵本 カバーフィルム 貼り方
引用元:http://bookcover.jp/user_data/era.php

 

 

フィルムの上手な貼り方

 

フィルムは全面に糊が付いているので、
上手に貼るにはコツが必要となってきます。

 

まずは定規・ハンカチ(もしくは乾燥したふきんなど)
を用意します。

ポイントはこれらを上手に使って
いかに空気が入らないように貼るかということです。

 

 

絵本 カバーフィルム 貼り方
引用元:http://www.amazon.co.jp/
 
 
 

メーカによっては貼り直しが可能なフィルムもあるので、
なれるまではこういうものを使うと良いかもしれません。

 

 

 
 

 
 

インターネットには、
図書館司書さんや、フィルム会社さんが
カバーフィルムを貼る方法を動画で紹介しているので

参考にされると良いと思います。

 

 

図書館司書さんの動画


 

 

フィルムメーカの動画

 

 

携帯の保護フィルムしかり、本のフィルムしかり、
保護フィルムは貼るのが難しいイメージがありますよね。

 

最初は難しさを感じるかもしれませんが、
ちょっとしたコツをつかむだけで、

図書館に置いてあるような
ピシっとしたカバーを貼ることができる
ようになると思います。

 

いつまでも綺麗な絵本でいられるように、
ぜひ挑戦してみてください。

 

 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
みんな絵本のカバーってどうしてる?

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ