大人向け絵本の驚くべき効果 知ってた?

子供の頃にお母さんやお父さん、
あるいはおばあちゃんおじいちゃん、

幼稚園や保育園の先生の膝の上に座り
絵本を読んでもらった方は多いのではないでしょうか。

 

ふと気がつくと、新聞や書籍といった
活字を中心に構成される媒体を好んで読むように。

 
 

私たちは心のどかで絵本は子供のものという固定概念によって、
自らの意思で絵本から遠ざかっているのではないでしょうか
 
 

絵本というのは決してこどものためだけのものではなく、
大人にとっても思いがけない効果を生む魔法の本
だということを知っていましたか?
 
 

大人 絵本 効果

 
 

絵本が私たちに与える不思議な効果

こどもたちは、第三者である大人による
絵本の読み聞かせにより、
絵本の中の世界を疑似体験しているといいます。

 

こどもたちは自身の想像力をフルに活用に、
絵本の世界の中に入り込んでいるのです。
 

絵本の中の登場人物が幸せな気分であれば、
自分も幸せな気分を味わい、

怖い体験をしていれば、
自分も怖いと感じているのです。
 

こどもたちはこれらの疑似体験を通して、
言葉のみならず情緒というこころの成長も促されるのです。

 
 

では大人の場合はどうなのでしょう。
 
 
絵本の1番の特徴は「絵」です。
 
絵本においては、文字はあくまでも
絵の補足的な位置づけなのです。

 

字が読めないこどもたちは、絵を追うことで、
本の内容をおおよそ理解しているといいます。

 
 
こどもたち各々の世界観により、
同じ本であっても少しずつ内容の理解は異なってきます。

 

これは当然の結果でありると同時に、
絵本の持つ可能性を示しているのです

 
 
大人の場合はどうしても字を追ってしまうため、
 

字(文章)から得られた情報をもとに
絵で不足した内容を補填するという

こどもとはベクトルが正反対の理解になります。

 
 
大人の内容の理解が
ほぼ同様のものになるというのはそのためです。

大人にとっては絵本の主役である「絵」が
補足になっているのです。
 
 

しかし絵本が持つ力最大の魅力でもある、
想像の世界を疑似体験するということを考えると
これでは十分ではありません。

 
絵が訴えかけるものを子供たちは心で感じているのですが、
大人は成長するにつれ感じることが
できなくなってしまったのかもしれません。

 
 

思考がより現実的になるほど、
想像力は衰えていきます。

 
想像力豊かなこどもを考えると、
想像するというのは

頭や心のストレッチの役割をするのではないでしょうか。

 
 

まずは文字に頼らず、とにかく想像してみる

どうしても私たちは「著者の伝えたかったこと」を
正しく理解しようとしがちです。

 
受験勉強の弊害とでも言いましょうか、

自分自身が感じたことを素直に受け入れることが
できなくなっています。

 
 
周りの人と同じように感じなければ、
と自分の思いをグッと押し殺していないですか?
 
 

本というのは人それぞれの感想があって良いものなのです。

絵本を通じて、頭と心のストレッチをしてみましょう。
 
 

大人 絵本 効果

 
 

できれば赤ちゃんでも読める、ほぼ絵だけの絵本

ストーリーもなく、ただただ自分のこころで
感じる本が適しています。
 
 

字のない絵本というものもあります。

 
絵本を読み、想像するということは
瞑想に似ているかもしれません。

 
絵本の世界の疑似体験をするために、
気持ちを絵に集中させます。

 
 
嬉しいとき、悲しいとき、
 

その時々で同じ絵でも、
心が作り上げる世界が変わってくるかもしれません。

 
 
ただ一つ言えるのは、手にした本を読み終えたとき、
心が少し落ち着いているような気がするということです
 

単なる主違いかもしれませんが、

一瞬でも現実から離れて、想像の世界に浸るということが、
私たちの心を癒してくれるのだと思います。

 
 

以下におすすめの絵本をいくつかご紹介したいと思います。

 
 

にわとりと たまご  イエラ・マリ/エンゾ・マリ

 
 

あかいふうせん イエラ・マリ

 
 

もこ もこもこ 谷川俊太郎

 
 

★あかいまるちゃん ほんごうあこ(Kindle版)

 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
疲れた大人こそ読むべき!めっちゃ癒されるおすすめ絵本!

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ