めっちゃ意外・・あのクマのプーさんの絵本が英語教材に最適だって知ってた?

「はちみつたべた~い」

 

というちょっと野太い低い声で

 

ハニーポットに顔を突っ込んでいる
キュートなくまさん。

 

誰もが知るアイドル
「クマのプーさん」ですが、

 

クマのプーの原語版が、

 

英語の学習用にとても向いている
ということをご存知でしたか?

Sponsored Link







 

今回は英語の学習にぴったりな

 

クマのプーさんの原語版を
ご紹介したいと思います。

 

クマのプーさんは
ディズニー(R)によってキャラクター化された

 

「くまのプーさん」と、

 

そのオリジナルである

 

「クマのプーさん(クラッシック・プー)」

 

の2種類があります。

 

英語学習に向いているのは
後者のオリジナルの「クマのプーさん」です。

 

はじめて英語に触れる
赤ちゃんや幼児向けの絵本から、

 

小学校高学年向けのレベルまで
幅広い学習レベルに対応しています。

 

TOEICを受験されているような
大人の方ではなく、

 

あくまでも子どものレベルをメインに
わかりやすいように

 

Lexile指数ではなく、
英検受験レベルで紹介させていただきます。

 
 

くまのプーさんのオススメ英語絵本
1.これから英語の学習を始める子ども向け

 
 

Winnie the Pooh Pocket Library (英語)ボードブック

 
 

 
 

1ページ1センテンスという
とてもシンプルな絵本です。

 

絵とセンテンスの一致がしやすく、

 

子どもも自然に英語を感じる事が
できるのではないでしょうか。

 
 

くまのプーさんのオススメ英語絵本
2.基礎をきっちり付けていくために

 
 

Winnie the Pooh Adventures in Reading
Winnie the Pooh Level Pre-1 Boxed Set (Reading Adventures)

 
 

 
 

少しずつ英語に慣れてきた子ども向けの

 

リーディング強化用にかかれた
絵本セットです。

 

絵がメインですが、

 

10冊がそれぞれ少しずつ内容が
難しくなってくるので、

 

無理することなく
レベルを引き上げてくれると思います。

 

この10冊が問題なく
取り組めるようになった頃から

 

英検を意識すると良いかもしれません。

 
 

くまのプーさんのオススメ英語絵本
3.英検4級、3級程度の読解力

 
 

The Complete Tales of Winnie-The-Pooh (英語)

 
 

 
 

プーさんのエピソード集です。

 

1つ1つのエピソードは
少し長いかな?と思いますが、

 

これからの準備として、

 

長い英語の文章を読むという
トレーニングにはとてもよい本です。

 

最近はやりの多読をしたい人にも
オススメの1冊です。

 
 

くまのプーさんのオススメ英語絵本
4.英検準2級、英検2級程度の読解力

 
 

Return to the Hundred Acre Wood:
In Which Winnie-The-Pooh Enjoys Further Adventures
with Christopher Robin and His Friends (英語)

 
 

 
 

前述の本は児童書として
カテゴライズされていますが、

 

この本はヤングアダルトに
カテゴライズされています。

 

内容はほとんど変わりませんが、

 

1つ1つの描写が細かくなったり、
1つのエピソードが長くなったりと

 

文章読解に必要なレベルは
確実に上がっています。

 

でもやわらかみのある
プーさんのイラストに、

 

おっちょこちょいな愛らしいエピソードで

 

あっという間に読みきってしまうこと
まちがいなしです。

 

幼児・児童書であっても、
ネイティブが読むレベルの本ですと

 

かなりのボキャブラリーになります。

 

教科書には載っていないような単語や、
表現を習得することができるのも

 

ネイティブが読む子ども向けの児童書です。

 

子ども向けに書かれているので、

 

とても簡潔な表現で
わかりやすい内容になっています。

 

若干ネイティブ独特の表現があったり、
イギリス人独特な表現があったりと

 

日本人に馴染みのないものも
ありますが、

 

それも文化を知る
つのきっかけだと思うと

 

楽しく読めると思います。

 

ぜひ気に入ったエピソードなどを
見つけたらチャレンジしてみてください。

 
 

自分に合ったレベルの洋書を見つけるポイント

 
 

TOEICを受験されている
大人の方が選ぶ際には、

 

TOEICスコアとLEXILE指数対応表には
(私的には)乖離があるように思います。

 

特にTOEICのリーディングスコア
200前後の方は

 

対応表にあるものより2レベルほど

 

下げてみると
ちょうどよいと思います。

 

アメリカの学年別に探される場合、

 

日本の英語教育を受けて、
英語が得意だと思う方で

 

おおよそ5年生~6年生レベルで
少し難しいと思うと感じられます。

 

幼児書・児童書の特徴として、

 

日本の英語教育では知り得ない
ボキャブラリーの豊富さにあります。

 

決して表現は難しくはないのですが、

 

日本の学校教育で学ぶ
ボキャブラリーは

 

経済や、政治などの単語に偏る傾向に
あるため、

 

初めは知らない単語が沢山出てくると
感じることもあると思いますが、

 

ボキャブラリーの幅を増やすためには
とても大切なことですので、

 

ぜひ取り組んでいただきたいと思います。 

 
 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ