「5分で寝た!」と話題沸騰!子どもが10分で寝る”魔法の絵本”って?!

『おやすみロジャー』という絵本を
ご存知ですか?

 

2015年11月に日本語訳の絵本が出版されて以来、

 

その効果が口コミで広がり
売り切れ続出の話題の絵本です。

 

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本
カール=ヨハン・エリーン (著), 三橋美穂 (監修)

 
 

 
 

効果って何の効果?

 
 

子供が10分で寝てしまうというのです(寝落ち!)。

 

幼児さんのお子さんを持つ
お母さんたちにとって

 

悩みの種のひとつは
何と言っても

 

「寝かしつけ」ではないでしょうか。

 

年齢が上がるにつれ体力も付いてきて
更に寝付けなくなる。

 

中には眠いのにも関わらず
うまく寝付けない子も。

 

そうなるとお母さんたちは
お手上げですよね。

 

子供が寝静まってからが

 

お母さんたちにとっては1日のうちで
唯一の自分の時間なのに

 

寝かしつけが終わった頃にはぐったり…

 

なんてことも多いのでは
ないでしょうか。

 

この『おやすみロジャー』という絵本は

 

なぜ子供がそんなに
すぐ寝てしまうのでしょうか。

 

その秘密を探ってみたいと思います。

 
 

「おやすみロジャー」の魔法のヒミツって?

 
 

作者はスウェーデンの学者、
カール=ヨハン・エリーンです。

 

そう、彼は絵本作家でも、
作家でも、イラストレーターでも
ないのです。

 

エリーンはコミュニケーション学を専門とした
大学講師です。

 

自身の研究対象である心理学と
行動科学に基づいた絵本を

 

2010年に自費出版したのが最初です。

 

この本は読み手、聞き手両者が
リラックスできるように

 

工夫がなされています。

 

まず【なまえ】と書かれているところは

 

聞き手(子ども)の名前に
置き換えて読みます。

 

そうする事で聞き手(子ども)はより
絵本の世界に入り込みやすくなります。

 

そして繰り返される

 

「とても眠くなりました」
「眠っても大丈夫だよ」

 

というフレーズ。

 

このフレーズにより聞き手(子ども)は、

 

この後に続くストーリーを気にすることなく
寝ようという心理が働きます。

 

読み手もゆっくりと繰り返されるフレーズにより、
リラックス効果を得られます。

 

これは自律訓練法などにも
取り入れられている

 

自己暗示法と同じです。

 

これがこの本が、

 

読み手・聞き手両者がリラックスできるという
仕掛けなのですね。

 

しかし裏を返せばこの本は
「寝るための本」です。

 

言い換えれば、睡眠導入本とも
言えるでしょう。

 

子どもが眠りに入る前の時間というのは

 

親子のコミュニケーションの時間の
ゴールデンタイムとも言われています。

 

この時間を睡眠導入本を使って

 

寝かしつけるだけの時間にしてしまうのは
とてももったいないことです。

 
 
amazonや絵本ナビの読者レビューを見ると、

 

「5分で寝た!」
「全然寝付かなかった子が10分で寝た」

 

などというレビューを
見ることができます。

 
 

子どもが10分で寝る絵本
引用元:http://www.photo-ac.com/

 
 

この本を読んであげることで
すぐに寝てしまうのならば、

 

この本を読んであげる前に

 

1冊お子さんがその日読みたい絵本を
読んであげた後に

 

「入眠儀式」としてこの本を
導入してあげるのがベターだと思います。

 

どんなに効くと話題であっても、
やはり子どもには個人差があるものです。

 

初めはダメもとで期待せずに
読んであげあると良いと思います。

 

読んだのに寝なかったら
ショックですもんね(笑)

 

くれぐれもこの絵本の効果が
発揮されるのは、

 

言語コミュニケーションが
できるようになる

 

2歳以降の子どもだということを
念頭においた方がよいと思います。

 

『ねないこだれだ』と同様、
あまり早すぎても

 

肝心の子どもが理解できませんから(笑)

 
 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ