もっともっとハロウィンが楽しくなる!ハロウィンが題材の英語絵本おすすめベスト3

 
10月31日は何の日か
知っていますか?

 

日本でもだんだん定着してきた、
ハロウィンですよね。

 

ハロウィンは、もともと
ケルト民族のお祭り。

 

ケルトの1年の終わり、
10月31日に、

 

死んだ人の霊が家を訪ねてきたり、
魔女やお化けなどがやってくるという
言い伝えです。

 

死んだ人やお化けたちに
わからないようにするため、

 

仮装をして回るのだとか。

 

日本では、仮装をして、
お菓子をもらうというところだけが

 

伝わっているようですね。

 

そんなハロウィンに合わせて、

 

英語で絵本を読むのは
いかがでしょう?

 
 

ハロウィンが題材の英語絵本
「What is Halloween?(Lift-The-Flap Story)」

 
 

 
 

「ハロウィンって何?」という疑問に
優しく答える仕掛け絵本です。

 

英語のお話も分かりやすく、
英語のとっかかりのお話としても
おすすめです。

 

「Tric or Treats!」

 

最後は子どもたちも
一緒になって言えるでしょう。

 
 

ハロウィンが題材の英語絵本
「Boo Who?: A Spooky Lift-The-Flap Book」

 
 

 
 

ハロウィンに関する
英語のなぞなぞ絵本です。

 

左ページになぞなぞが、
右ページに答えが書いてあり、

 

とても分かりやすくなっています。

 

なぞなぞ文も短いので、
お子さんもきっとすぐに

 

英語でなぞなぞを覚えてしまうでしょう。

 

ラストページに大笑い?の
工夫があります。

 

とても楽しい絵本です。

 
 

ハロウィンが題材の英語絵本「Go Away,Big Green Monster!」

 
 

 
 

とても小さなお子さんから楽しめる一冊。

 

緑色のモンスターが、
「Go Away!」

 

と声をかけられるたびに
顔のパーツが消えていき、最後は…。

 

びっくりして、笑ってしまうか、
泣いてしまうか?

 

あなたのお子さんはどちらでしょう?

 

まだまだたくさんある
ハロウィンの英語の絵本。

 

季節になると本屋さんに並ぶこともあるので、

 

いろいろ手に取って
お気に入りを探してみてくださいね。
 
 

この記事を読んだあなたにおすすめ!
わんぱくだったお父さんの読み聞かせで聞きたい!おすすめの英語絵本

 
 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ