絵本作家を目指す人のための学校ってあるのかな?<夜間学校編>

絵本作家になるには次の2つの方法があります

1. 出版社に作品を持ち込み絵本を評価してもらう
2. コンクールなどに応募し、受賞する

これが一般的な絵本作家になる方法です。
 
 

p123_1
引用元:https://www.oscd.jp/tsushin/picturebook/index.html

 
 

極端な話、学生でも社会人でも
絵本が評価されれば誰でも絵本作家になれます

勿論、絵本作家になるために勉強する環境もあります。
 

大学や専門学校のデザインやアートなど
各種学校によって〇〇科といった具合に分かれていますが、

それらの学校に入学して
イラストやデザインのスキルを学んでいきます。

 
 

また、タイトルにもありますが
夜間学ぶ環境があるのかというのも気になるところですが、

全ての大学や専門学校に共通しているとはいえませんが、
夜間コースというのも存在します。

それぞれのライフスタイルによって

・昼間
・通信
・夜間

の教育コースを選択することができ、
幅広い年齢層の方が絵本作家を目指せます。
 
 

昼間のコース

10代、20代の高校を卒業して進学する人が比較的多い印象です。

同級生の作品やスキルをみて
切磋琢磨することができる環境といったところです。
 

通信コース

教材などを利用し、自宅で作業し、
提出するというスタンスで

周りに影響されることなく
黙々と学習するのが好きなタイプや
主婦の方

が選択される方法です。
 

夜間コース

昼間は別の仕事をして、
仕事のあとに学校に通いながら絵本作家を目指します。

幅広い年齢層が選択するコースといえます。

また、昼間のコースに比べ
授業料などが安いといった特徴があります。
 

絵本作家
引用元:http://ndc.ac.jp/job/design/picture-book/

絵本作家を目指すのに遅すぎるということはありません。

学ぶ意欲や絵本を世の中に作り出し
子どもたちに読んでもらいたいという気持ちさえあれば

誰でも老若男女問わずなれるのが絵本作家です
 
 

各種学校のホームページなどから
資料請求も可能なので

情報収集としてはじめてみてもいいかもしれません。
 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
絵本作家を目指す人のための学校ってあるのかな?<通信教育編>

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ