開いてびっくり!楽しい!今話題の「飛び出す絵本」の人気はコレ!

「飛び出す絵本」をご存知ですか?
 
ページを開くと絵が飛び出してくる
絵本の総称。
 

昔から小さい子どもを中心に
人気があります。

 
大好きな自動車や恐竜、動物などが、
開いたら飛び出してくる絵本は、

 
子どもたちにとって
愉しみ以外の何物でもないのではないでしょうか。

 

飛び出す絵本の仕掛けは、
両面に印刷してあるので、

 
いろいろな角度から絵を眺めることができ、

 
見るたびに発見をしたり
探したりする面白さもあります。

 
どんな本が人気があるのか?
 
ちょっと調べてみました。
 

 

とびだすポップアップ絵本「てぶくろ」

 
 


 
 

有名なウクライナの昔話、「てぶくろ」。
 

片方だけ落ちていた手袋に、
いろいろな動物が暖を求めて入っていく、
 

というお話です。
 

動物たちが飛び込んでいく様子や、
最後にみんな放り出されてしまう場面など、
 

ポップアップのしかけならではの
迫力で楽しめる絵本です。

 

小学校2年生程度の
漢字が使われていますが、
 

もっと小さいお子さんから楽しめます。
 

 

とびだすポップアップ絵本「おばけやしき」

 
 

 


 

 
ちょっと怖いけれど、
細かいところまで描かれていて、

 

とても楽しめる一冊です。
 

ドア、洗いかけのお皿、バスタブ・・・。
 

いろいろなところに、
びっくりするようなものが隠れています。

 
どきどきしながら
わくわくすること請け合い!
 

小さい子どもから大人まで
楽しめる絵本です。
 

 

とびだすポップアップ絵本「不思議の国のアリス」

 
 
 


 
 

説明もいらないほど有名なあのお話が、
飛び出す絵本になりました。
 

アリスの飛び込んだ
不思議な世界が立体的に表現され、
 

美しい絵本になっています。
 

クライマックスのトランプのページは圧巻!

 

いかがでしょう。進化した「飛び出す絵本
 

本屋さんでお子さんと一緒に、
探してみませんか?
 

宝物になる一冊が見つかるかもしれませんよ。
 
 
この記事を読んだあなたにおすすめ!⇒
日本でたった一軒!鎌倉の飛び出す絵本専門店が楽しすぎる。。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ