日本でたった一軒!鎌倉の飛び出す絵本専門店が楽しすぎる。。

子どもに大人気の仕掛け絵本。

 
日本に、たった一つだけ、
専門店があるって、ご存知でしたか?

 

 

日本にたった一軒!しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」

 

 
それは、神奈川県鎌倉市由比ガ浜にある、
「メッゲンドルファー」

 
 
鎌倉 飛び出す絵本
引用元:http://www.meggendorfer.jp/

 

 
鎌倉駅から徒歩15分、

 
江ノ電「和田塚駅」から
徒歩3分の場所にあります。

 

メッゲンドルファー」の店名は、

 
仕掛け絵本の巨匠、
ローター・メッゲンドルファーにちなんでいます。

 

グリム童話に出てきそうな
可愛らしい外観。

 
中にはびっしり、
棚の上まで積まれた仕掛け絵本!

 

なんと、約600種類もあるとか!

 
小さい子ども向けのものから、
大人が楽しめるものまで、

 
様々な仕掛け絵本がそろっています。

 

 
鎌倉 飛び出す絵本
引用元:http://report.kosogai.com/archives/cat_101127.html

 

 
仕掛け絵本作家で絵本が探せるのも、

 
仕掛け絵本専門店ならではの
蔵書のおかげですね。

 

贈る相手に合わせて選べるのも、

 
これだけそろっているから
できることかもしれません。

 

オリジナルののぞきからくり
「鎌倉 段葛」も、
プレゼントによさそうです。

 
ぜひご覧くださいね。

 

 

しかけ絵本専門店で人気の絵本は?

 
 
さて、そんなにたくさんある在庫で、
何が人気なのかというと、

 
たとえばこれ。

 

星の王子さま 
(サン・テグジュペリ・作 池澤夏樹・訳)

 
 

 

 

日・仏で同時発売となったこの本は
翻訳も原書に忠実で、

 
ファンとしてはずっと
手元に置いておきたい一冊。

 

物語のシーンが美しく
立ち上がる絵本になり、

 
大切に飾っておきたくなります。

 

そして、店の名前にもなっている、

 
19世紀の仕掛け絵本作家、
メッゲンドルファーの復刻絵本。

 

細密で美しい絵や、
びっくりする仕掛けに大人が楽しめそうです。

 

ドイツ語の本なので、飾っておいても
雰囲気がありそうです。

 

この他にも、よく知っている物語が

 
仕掛け絵本になったものや、
仕掛け絵本でなければ表現できないものなど、

 

見て「わあっ』と
声が上がるものがいっぱいです。

 

鎌倉に行くことがあったら、
ぜひ足を運んでみてくださいね!

 
 

この記事を読んだあなたにおすすめ!⇒
開いてびっくり!楽しい!今話題の「飛び出す絵本」の人気はコレ!
 
 

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ