1歳ごろの寝かしつけに!読み聞かせたい絵本おすすめベスト3

1歳ころのお子さんは自分で動けるようになり、
一番目が離せない時期ですね。
 

いろんなものに興味を持ち、
目をキラキラさせてあそんでいるのを

お父さんお母さんはほほえましく見守っていることでしょう。
 
 

そんな1歳くらいのお子さんの寝かしつけのときの
読み聞かせにおススメな絵本を3冊ご紹介します。

 
 

1歳ごろの寝かしつけ読み聞かせオススメ絵本 1位「いいこねんね」

文:内田鱗太郎 絵:長谷川義史

 
 
やさしいうたにゆられながら
眠りにつきます。

母さんの子守唄につつまれ
見守られながら
 

子ザルも子イヌも安心してすやすや、すやや。
しあわせそうな顔をして。
 
 
素直な文と素朴な絵がとてもよく合っていて、

くりかえしの癒しのリズムと
眠りにつく絵をみているだけで

こころもからだもゆるんでいきます。

 
 
枕もとで読んであげたいお話。
 
 

子守唄や眠る前のお話は
子どもにとって

一生涯忘れられない思い出になります。
 
 

1歳ごろの寝かしつけ読み聞かせオススメ絵本 2位「おさかなちゃんのばいば~い」

ヒド・ファン・ヘネヒテン

<

 
 

ママがおむかえにきて、うれしくって
お友だちのひとりひとりに

「ばいば~い」と元気にあいさつ。
 
 
ちっちゃなおさかなちゃんの世界。
 
 
黒い色の海のなかに色とりどりの
カラフルな生き物が登場してきます。
 
 

美しい色のグラデーションも素敵。

赤ちゃんの反応はそれぞれかもしれませんが

時間をおいてくりかえし
絵本を読み聞かせることで
 

「ばいば~い」のくりかえしが楽しくなる!
 
 
世界中でくりかえし読まれている
とっても可愛いストーリー。

眠る前のやさしいスキンシップに。

ぷくぷくぷく、いい夢みてね。
 
 

1歳ごろの寝かしつけ読み聞かせオススメ絵本 3位「もうねんね」

文:松谷みよ子 絵:瀬川康男

 
 

犬や猫などの動物が眠りにつくお話です。
 

眠そうな表情をして
次々と眠りについていきます。
 

とってもゆったりした
やすらいだ気持ちになります。
 
 
「ねむたいよう」からはじまるほんわかで
やさしい雰囲気、
 
まるで毛布にくるまっているような
心地のよさです。
 
 
短い文章とテンポ

このくりかえしが子守唄のよう。

 
 
ほのぼのとした絵を見ながら
眠りに誘い込まれそう。
 
 
もうねんね

日本語の響きってやっぱりいいですね。
 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
たくさん笑って感受性を育てよう♪ 1歳児向け絵本ランキング best3

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ