ダースベイダーパパの子育てが学べる?!スターウォーズの絵本

皆さん、スターウォーズのキャラクターは誰が好きですか?
 
 
ルーク?ハンソロ?
アナキン?
ヨーダ?
 
 
・・・・やっぱり、ダース・ヴェイダー?
 
 
最近、世界中で人気の子の絵本、ご存知ですか。
 
 

「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」

(ジェフリー・ブラウン・作  とみながあきこ・訳 辰巳出版)
 
 

 

 

宇宙一の悪役・ダース・ヴェイダーが、
ルークを子育てしていたら。
 
銀河帝国軍を率いて反乱同盟軍と戦う前に、
まずは一人のパパ。
 
4歳という、やんちゃ盛りのルーク相手に頑張っています。
 
作者ジェフリー・ブラウン氏は、
ヘタウマ」な画法で知られるグラフィック作家。
 

彼にかかれば、ダース・ヴェイダーも
すっかりほのぼのキャラです。

 
ルークのやんちゃな行動にハラハラしたり、
フォースを使ってこちょこちょして遊んだり。
 
映画の名台詞のパロディもあって、大人も楽しめます。
 
 

「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」

(ジェフリー・ブラウン・作 とみながあきこ訳  辰巳出版)
 
 

 
 

ルークときたら、もちろんパパダース・ヴェイダーは
プリンセス・レイアも子育てしたんですよ。
 
でも、男同士と違って、女の子は難しい。
 
プリンセス・レイアは思春期。
 
おしゃれしたいし、ボーイフレンドと
デートだってしたいのに、パパはハラハラ。
 
洋服にチェックを入れたり、キスシーンに絶叫。
 
巷のパパとダース・ヴェイダーはまるで同じです。
 

パパの気持ちも、プリンセス・レイアの気持ちも
わかる方が多いのではないでしょうか。

 

これはシリーズになっていて、他にも
「おやすみなさい ダース・ヴェイダー」
「ダース・ヴェイダーと仲間たち」などが刊行されています。
 
お子さんと一緒に絵本を読んで、映画を見ると、
違った視点でも楽しめるのではないでしょうか。
 
 

この記事をみたあなたへのおすすめ!⇒
スターウォーズの絵本を使って英語を勉強しちゃおう!

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ